皿洗いはつづく

大学生が日々のあれこれを綴る一発書きブログ

幸せとよくわかんない説教の話

楽しいことや嬉しいことがあった日の夜は、いつも謎の不安に駆られる。

こんなに楽しくていいんだろうか、何か後で反動がくるんじゃないか、みたいな考えが心の何処かにあるんだろうか。

まあ、そんなものが無いことは分かってるし、気にし過ぎなのだろう。でも、それをわかって居ても、まだ不安は消えてはくれない。

幸せで居続けるのがなんだか不安なのは、もっと違う理由があるんだと思う。
たぶん幸せだと思ってる今の気持ちが、いつか当たり前になってしまうことへの恐怖的なもの。
言うなれば、幸せへの慣れだろうか。

初めは幸せだと思っても、何度も繰り返すうちにそれは当たり前になっていく。
そしてどんどん自分の中に普通が増えていって、新しい幸せのハードルが上がって行く。
そうなるとそこら中に幸せが転がっているはずなのに、足元にあるものにすら気付けない。そうはなりたくないと、心が言ってるのかもしれない。




…足元といえば、さっき床にあったコンセントの先を踏んでしまった。痛い。ちゃんと使ったら元の場所に戻そうね。
そもそも、最近片付けが中途半端なんですよ。春物入れ替えのために服を引っ張り出してきて、結局片付けきれずに床に点々と置いておく。部屋の中プチバザールですよ。
食器もすぐ洗うようになったのはいいけど、重ねかたが雑。何で細長いものの上に皿置いてるの、物理法則無視してるの?

…完全に今のテンションだけで書いているので、急に説教が始まってしまいました。あとで見返したら、絶対ナニコレってなるやつだ…

話を戻そう(もう戻れなさそう)

新しい幸せを得たいってのは決して悪いことではなくて、むしろ前に進む大きな原動力になる大事なものだと思う。
でも、少し新しい幸せに怯えるくらいが、今の僕にはちょうど良いのかもしれない。幸せになる勇気が足りないのかもしれないけど、それはゆっくり身につけていこう。
今は幸せを特別なものとして置いておくことで、当たり前だと思わず大事にして行きたい。



今日は友人たちと夜桜を見に行ってきた。いつもと少し違うメンバーが新鮮で、いつもと少し違う話もできた。
今まであまり接点がなかった友人が「遊びに誘おうと思ったんだけど、なかなか連絡できなくてね」と言ってきて。僕も全く同じことを考えてたから、何だかおかしくなって笑った。
帰り道、電線の上ではフクロウが鳴いていて、澄んだ夜空には彗星が光った。

多分どれも見過ごすのは簡単な幸せなんだろう。

新しい幸せに少し怯えながら、大切にしながら。日々の小さなものも見落とさないように。幸せに貪欲に生きたいな。

音楽との二人暮らし

愛用のiPodに入っている曲は、気づけば1000を超えていた。一曲5分くらいだとしても、全部聞くのに軽く3日以上はかかる。
 
ジャンルはほとんどがJPOPだが、広く浅く聴くので、これが1番好き!というのはその時々で変わる。
それでも去年あたりから、スネオヘアー星野源スピッツYUI(個人的四天王)が不動の地位を築いていた。
 
しかし今年、その四天王の座を脅かす存在が現れた。「明日はきっといい日になる」とかの高橋優さんである。
今までもちょこちょこ聴いてはいたんだけど、なんか歌詞が前向き過ぎてちょっと暑苦しいし、逆にしんどい。そんな印象が強かった。
けれど久しぶりに聞いてみたら、自分が以前よりも前向きになったおかげなのか、素直に聞けた。
めっちゃエネルギーもらえてる気がする。あと高橋優さん肺活量やばい。
 
 
そんなこともあり、せっかく1000曲もあるんだからあまり聞かないのも掘り出してみようかな!新しい出会いがあるかもしれないし!という思いから、ランダムで聴き始めることにした。
 
 
けど…3曲に1曲くらい知らないのが来る。どのアーティストも浅くしか知らないから、基本的に特定の曲を聴きたい目的で借りる。
でもせっかく借りるんだから、多い方がいいなと思いアルバムにする。そして数曲しか聞かない。の繰り返しである。
おそらくしっかり通して聞いたことあるのは、まだ半分程だと思う。発掘し甲斐があるってもんだぜ。
これからも毎日この習慣は続ける予定だし、なんかいい曲発見したら紹介しよう。
 
 
 
 
いつからか音楽は趣味を通り越して、生活の一部になっていた気がする。
一人暮らしを始めてから、家にいるときは音楽を聴いてるか歌ってるか寝てるかである。
もう当たり前のようにいつもここにある。
 
…のだけど最近iPodの調子がすこぶる悪い。中学の時から使っているから、かれこれ8年くらいの付き合いだ。音量調整ボタンはだいぶ前から機能してないし、いろんなところがベコベコである。大事に使ってはいるんだけどね。
春夏秋冬、朝昼晩いつでも一緒に移動していて、思い入れがあり過ぎる。
この”友人”とも呼べる機械から、たくさんのものを貰った。(※なんかお別れみたいになってるけどまだまだ現役です)
 
音楽と共に生活し始めてから、自分でも音楽をしたい作りたいと思ってギターも始めたし、一人カラオケもよく行くようになった。
 
ギターなんて凄い人がやってて、自分なんて到底手を出すことすら出来ないと感じていた。人生初のカラオケは人前で歌うなんて罰ゲームだ、絶対歌わんと三時間歌わずに終わった。
それでも今、あの頃無理だと思ったものに触れている。むしろ、もうあたりまえにあるものになって来てもいる。
あの頃の自分からしたら、もう今の自分は理想の姿といっても過言ではないくらい、やりたいことをできるようになったのではないかと思う。
 
でも人間というのは貪欲なもので、これを手にしたら次はあれと、欲望が絶えない。
昔は"いまここではないどこか"に行きたがっていた。
変わりたいと思いながらも、どこに行きたいのかすら全く見えなかった。
ずっと、ずっと気持ちばかりが先走っていた気がする。
このままではいけないと漠然と感じ続けるループから、何とか抜け出せたのだろうか。
 
ここではないどこかを現実的に描いてみると、思ってた以上に果てしないし、そこに向かって進む速度もとても遅い。
何となくそれをわかってて、具体的に描くのが怖かったのかもしれない。
 
でも何も分からなかった時に比べたらやることも明確だし、なにより今は楽しい。
 
変わるって、ある日当然チェーンジ!みたいなものではなくて。
気がついたら前と違うかも、くらいのものだと思う。
 
皿を洗うとか、洗濯をするとか。
小さなことの積み重ねの先に、今の理想の自分が待ってるんじゃないのかなぁ。
そこに着いたら、まーた先があるんだろうけど。果てしないね。
 
 
よし、今日も音楽を聴きながら皿洗おっと。
もしかしたら明日には理想の自分になってるかもしれないね。
 

20歳の今、思っていること

四月も、もう半ばに差し掛かろうというのに、今日は月の下で雪が舞っている。

 

最近慣れない早起きやら調べものやら、新しいことの連続で疲れがたまっていたのだろう。

少し昼寝しようと思って布団に潜ったはずなのだが、いつの間にやら夜中になっていた。

 

冷蔵庫の中には葉っぱしかないし、いつもの24時間営業のとこに夕食と朝ごはんを買いに行こう。そう思って家を出たらこの悪天候である。

 

気温も5度を切っていたので、タンスの奥から先月にしまった冬コートを引っ張り出す。

買った当初は着心地の悪かったコートも、この冬を越してだいぶ馴染んだ気がする。

雪の街をひたすら歩いていた冬を思い出して、数か月前のことながらなんだか懐かしくなった。

たぶん今年に入ってからの、怒涛の三ヶ月のおかげで遠く感じるのだろう。

 

怒涛の三ヶ月と言っても、大半は体調を崩して苦しんでいただけではあるのだけれど。

でもそれなりに出会いもあったし、何より嫌ってほど自分と向き合えた時間だったと思う。

声が出ない中、咳が止まらない中ひたすら自分の思考と戦った。

おまけに人生初のインフルとも戦った。液体やジェル状のものをひたすら流し込み耐え続けた。

今までもそれなりに苦しいことはあったし、今回も死ぬほどつらかった訳ではなかった。

それでも、今までとは感じたものが異なっていた気もする。

20歳(大人)になったこと、仕事について人生について本格的に向き合わなくてはいけないこと、自分らしくありたいのに人のことが気になって仕方がないこと。

何が要因なのかはわからなかったけど、ここで何かしないとこのままなんとなく生きて死ぬんだと感じた。

やっと”自分”もいつか死ぬんだと本当の意味で実感した気がする。

 

このままやりたいのかわからないことを続けて行っていいのだろうか、何のために勉強しているのだろうか、本当は何がしたいのか。

その日から、自分にひたすら問いかけた。

答えなんてすぐには出ないだろうと思っていたけど、案外ほとんどの問いに答えられる。

 

必ず終わりは来るのだ、そう思ったらもうなりふり構っていられない。

本当に自分のしたいことをしていたら、周りを気にしてなんかいられない。

成功や失敗を、やりもしないうちから気にするのはばかばかしい。

いつかに読んだ自己啓発本に載っていた言葉たちの本当の意味が、今なら少し理解できる気がする。

 

 

周りからしたら、今の僕は焦って苦しんでいるようにみえるのだろうか。

確かに今までよりも遥かに苦しんでいるし、周りと違うことをするのが不安で焦っている。

でもそれ以上に楽しい、今生きているのが楽しい。だからたぶん間違っていないんだろう。

間違っていたとしても、人生の中で修正きかないほどのものでもないでしょう。

(ああなんてポジティブ、あのころの自分に見せてやりたい←)

 

ずっと自分に足りないのは自信とか人生経験だとか、もっと大きなものだと思っていた。

でもたぶん違うのだろう、明日も辛うじて続けられる程度の継続力、興味あることに対して少し踏み出す程度の勇気とか。

たぶんそんな、大したことないものが欠けていたのかなって感じ。

                          

周りのすごいな、と思う人だって初めは大したことなかったのだろう。

そう思うと、自分が初めから何も持っていないのも当たり前である。

それを自分は何もないから、どうせ失敗するだなんてとんだおバカさんだ。

行動することもできずに、ここに留まって何もしないことこそ本当の失敗だろう。

 

取るのか迷っていた公務員講座は受けないことにした、友人から誘われていた興味のないインターンも断った。

将来あれば有利かもしれないけど、今取る意味があるのかわからない資格も取らないことにした。

新しいことを始めるのと同じくらい、やめる決断をするのも大変だ。

周りからはもったいないだとか、安定がどうだとかも言われた。

 

うるせえ、今は自分のやりたいことをやりたいんだ。(落ち着きましょう、感情的になっては物事はうまく進みません)

家族にも友人にも、これまで以上に迷惑をかけるのは目に見えている。

向き合わなくてはいけない現実問題も山積みだし、このままいけば就職浪人すらあり得るレベルだ。

それを分かって言っているつもりだ、リスクマネジメントもしっかりしていく。

本当にこの一年の行動で、行く先が大きく変わるかもしれない。ひぃ、こわいねえ。

それでもなんとか、なんとか20年かけて決めた歩みを、どうか見守っていてほしい。

 

 

巷では花見だなんだ言っているけど、ここの春はまだまだ遠そうだ。

ついでに僕自身の春も遠そうである。いつ開花するのかわからないけど、その時までしっかりと自分を持ち続けていられるだろうか。

 

 

とりあえずの話

「とりあえず生2つで!!」
今までテレビの中のサラリーマンの台詞でしか聞いたことがなかったような、Theテンプレな台詞が店内に響く。
 
週末なのに誰に連絡しても断られ、最後の砦として僕に連絡してきたらしい友人。
後輩ができてから、バイト代がその週のうちに消える現象が起きているらしいが楽しそうだ。
 
「4月だから景気よく行こうぜ!」と言う彼の勢いに押され、飲みに行くことに。
最近自分のことで忙しくて友人の誘いを断っていた罪悪感があったが、ほとんど気にしていないようでいい友人を持ったなあと感じる。
たいして共通の話題もないのだが、彼といるとほとんど気を遣わなくて済むので居心地がいい。
 
居酒屋に入り、せっかくの機会だから今まで飲んだことのないものを頼もうかな...
そう思っていたところで、さっきのテンプレ台詞が飛んできたのだ。
 
確かにビールは飲んだことがなかったけど、そうじゃないんだよなあ。
いつかこの日が来るとは思っていたが、まさかこんな何の覚悟していない時に
しかも「とりあえず」で頼まれてしまうとは...
 
そんなこんなで、これまで拒み続けてきたビールを飲むことに。
なぜこれまでビールを避けてきたのか。飲まず嫌いだと言われればそれまでかもしれないが、いいや言わせてほしい。
まず酒というもの自体、普段はほとんど飲まない。飲んだとしてもジュースの延長みたいなやつだ。
それに加えてビールなるものは苦いらしいではないか。
残念ながら僕の味覚に、苦味を楽しめるシステムは備わっていないらしい。
苦いものを食べると、鳥肌が立ちブルブルっとなる。これは拒否反応だろうか、もう飲む理由が見つからない。
 
この普段飲まない上に苦いもの、どこからどう見ても罰ゲームではないか。
何も悪いことをしていないのに、スタートから罰ゲームである。なんと理不尽。
付き合いだから仕方ないと言っても、好きでもないものを飲みながらなんてその人との付き合いも苦いものになっていきそうだ。
 
 
そんな僕のビールへの思いを知らない店員は、無慈悲にも泡の乗った黄色くて苦い奴を持ってくる。
もう覚悟を決めるしかない、大人の階段を一歩踏み出す自分に「乾杯!」
友人が一気にグラスの半分を透明にしていく。
いきなりそんなチャレンジャーにはなれないので、とりあえず一口。
 
 
あれ、案外そんな苦くもないぞ。予想外のあっけなさに、急に強気になった。
美味しいとは言い難いが、慣れれば飲めないことはないなあなんて思ってしまう。
人生で初めてビールに対して肯定的な感情が生まれた気がする。
(慣れれば飲めるのが肯定なのかは若干怪しいけど)
 
 
 
ここまで話を進めてきてなんだが、ビールの話は正直どうでもいい。
それよりも、気になったのが「とりあえず」という発言のほうだった。
 
頻繁に飲みに行く人には、もうあたりまえのような事なのだろうけど
昼飯一つにしても悩む自分からしたら、とりあえずはたまったもんじゃない。
悩む時間がもったいないのだろうけど、急いで決めて「やっぱりあっちにするんだった...」となる方がよっぽどもったいない。
優柔不断なのかもしれないが、自分のことだし時間が許す限り考えるのは悪いことじゃないはずだ。
周りを気にして、自分の選択をとりあえずにゆだねてしまうのはどうなんだろうか。
 
 
何もこれは食べ物に限った話だけじゃなくて、もっと幅広い捉え方ができる問題だろう。
「とりあえず」を好きで選んでいるのならいいが、思考を停止して使っているのであれば危険だと思う。
いつのまにかそれが当たり前になって、新しいものへ挑戦する精神がなくなってしまう。
ずっと同じところにとどまって、とりあえずを積み重ねていたら、ただ老いていくだけだろう。
なんでも悩めばいいってわけじゃないだろうけど、小さなことでも少し考えて選んで行ったほうが幸せなんじゃなかろうか。
 
 
 
 
社会に出た後もビールをいきなり頼まれる機会があると思うと、とりあえず早いうちからビール飲みません宣言を仕掛けておく必要がありそうだ。
 
 
【振り返り】
基本エッセイは書置きしておいて、投稿するときに見直すことにしているんだけど...
今回は書いたのを読み返していくうちに、「あれ?これエッセイ...なのか??」という
どうしようもない疑問を持ってしまいました、初めてだし良しということに(笑)
 
ビールの話からいきなり人生の話に持っていく無理やり感。
文字数ぎりぎりで無理やり終わらせようとしていた、作文や小論文を思い出して懐かしくなりました。
あの頃から成長してないのが少し悲しいが、自分の言いたいことは少しまとめられたのかなと思います。
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
何かコメント等ありましたら(pachi (@p_achi_q) | Twitter)までお願いします!ではまた。
 

自己紹介とこれからについて

みなさんこんにちは!

そして初めまして、pachiと申します!

まず初めに一言。
 
 
 
 
 
エッセイブログなのに、初回からエッセイじゃないのは許してください()
 
 
いきなり自分の世界観丸出しのエッセイを書き始めたら、ほとんどの人が置いてきぼりになるだろうと思ったので、初回はどんなことを書いていくブログなのかを紹介していきたいと思います。
 
(そんなもんいらねぇやい!という方は、今日これと一緒に初エッセイも投稿しているのでそちらをどうぞ。)
 
※お願い:過度な期待はせずに、暖かい気持ちで見守って下さい...!
 
では進めていきましょう。
(ちゃんとリンクついてるか心配)
 
 
 

【自己紹介】

・名前:ぱち(pachi) 由来は小学校からのニックネーム。
・職業:大学生 地域のおじちゃんには高校生に間違われる
・趣味:弾き語り、キャッチボール、読書、早起き、銭湯、散歩など 
後半おじいちゃんですね
 
 
 

 【なぜブログを?】

・前々から興味があった。
・人に伝えるための文章力・発信力を付けたい。
・文章を考えるのが好き。
・毎日の生活の中から書くことを見つける感性を磨きたい。
 
まとめると趣味として文章を書きながら、伝える力・考える力をみがいていきたいって感じですね。
 
 

【そもそもエッセイって何?】

いろんな文章を引用しようと思ったけど、読むのもめんどくさいと思うので(決して打ち込むのが面倒くさくなったわけではないです)
簡単にまとめると「心情をメインに表現した散文」です。
 
日本と米国でのエッセイの意味合いが違っていたり、日本語に直すと随筆なのにエッセイとは意味が違ったりと結構あいまいなところが多いようです。
その辺も後でまとめてみたいですね。
 
 

【今後の投稿予定】

あくまでエッセイがメインではあるけど、それ以外のことも書いていきます。
(そうしないと長続きしなさそうなので)
 
1.エッセイ
日々の事から時事ネタなど、幅広く自由に書いていくつもりです。
投稿頻度は3日に1回くらい、1000~2000文字程度を目標にやっていきます。
 
 
2.エッセイとは?をより詳しく
さっき書いた通り、エッセイの定義って案外あいまいなんですよね。
そこをより丁寧にまとめていきたいなと思ってます。
 
 
3.エッセイ・文章表現技術的なもの
始めたばっかのくせに、こいつぁ何を言っているのかって感じですが聞いてください。
自分の考えを表現するためにブログを始めるわけなんですが、それと同時にみんながどんな風に考えていて、どう表現するのかが気になるんです。
 機会があればぜひブログを書いてほしい。
自分が身に着けたものを少しでも伝えることで、その手助けになったらいいなと思っています。
 
4.エッセイ集、書籍、映画の紹介
自分がいいなと思ったものを、他の人にも感じて貰いたい。
あわよくば紹介したものを買ってもらって、収入を得たい
 
内容やデザインも素人なりに頑張っていきますが、まずは続けることを大事にやっていきたいと思ってます!
 
 

【まとめ】

長々と読んでいただきありがとうございました。
 
何かありましたら、気軽にtwitterアカウント(pachi (@p_achi_q) | Twitter)まで連絡お願いします。
あとこのブログの他に、少し真面目な学生ブログも書いていく予定なのでよければそちらもご覧ください。
 
荒削りのエッセイと、上達していく(はずの)過程を温かく見守ってください!
それではまたの機会に。